一般社団法人日本空手道道場会 文濤会
文濤会とは 稽古日・稽古場所 指導員紹介 お問い合わせ 費用 スケジュール 黒帯までの道のり リンク facebook twitter Instagram
文濤会とは
文濤会は、故 澁谷 孝師範(全空連常任相談役・都空連副会長・全空松副会長・四代目道場会会長)の道場設立の許可を得て2018年4月20日に文京区社会教育関係団体として設立。2018年5月29日に一般社団法人日本空手道道場会の加入を認められ、2018年7月4日より文京スポーツセンターにて稽古を開始する。

▼一般社団法人日本空手道道場会 文濤会(ぶんとうかい)では
空手道の精神から礼儀正しく、強くて優しい、素直な人間を目指します。
会員がほぼ同じ時間に稽古する事で、先輩が後輩の面倒をみる環境が出来上がっており、後輩は先輩にあこがれ、先輩は後輩のお手本となる行動を心がけ、素直で優しい人に成長、向上していきます。稽古を通し、全身で体を動かすことの楽しさを知り、身体能力・反射神経・判断力が向上し、精神面では、しっかりとした礼儀作法を学ぶ事で、当たり前の様に挨拶ができ、返事が出来る人に成長します。話をよく聞く、よく見て真似が出来るレベルを向上させ、空手だけではなく、学業や社会ルールに通用する人を目指します。また、大会では全国大会優勝者などレベルの高い選手も所属しております。稽古内容は、黒帯の取得、大会上位を目標とし、基本・形・組手をバランスよく稽古しております。見せかけだけの空手ではなく、伝統派空手 四代流派の一つである松涛館空手道を正しく理解、習得することはもちろんの事、礼儀作法を重視した稽古をしております。2020年東京五輪の追加競技として「空手」が承認され、正式に決定しました。目指せ空手道オリンピック選手!!
Copyright 2018 buntokai All Right Reserved.